2005年4月23日

手首のスナップが・・・

何かのテレビCMで見た。山中をトレッキングしている人が突然ミニスカートをはいたきれいなお姉さんに出会い『こんにちは〜』と挨拶を交わす。その後幾人もの同じ格好をしたお姉さんたちの長い行列が続き『こんにちは〜』を連呼していると突然タレントのびびる大木さんがやはり同じ格好でその行列のメンバーにいて挨拶を交わしながら通り過ぎていく。思わず噴出してしまったが(^^ゞ 山の中では出会う人とはごく自然に挨拶を交わす習慣がある。

同じように、散歩をしていても同じワン君を連れ歩いている人に出会うと、やはり自然に『こんにちは』と言葉がでる。この二つの『こんにちは〜』にはきっと共通のものがあるのだろう。今朝もサファイアと歩きながら出会った人と挨拶をしてふとそんなことを考えてしまった。

サファイアの足の挫きもようやく癒えて、またいつものように基町の公園でボールや布フリスビーを追っかけていた。ボールを見るや、彼女も興奮気味で楽しそうに走っていたのだが、久しぶりのボール取りだったので彼女も私の足元に持って帰ったボールをポトっと落とすことを忘れてしまっていたようだ。

ボールを咥えたまま私の周りをぐる〜っとまわり、微妙な距離間(3mくらい)でボールを置きその場で伏臥し草を食べながら、でも目だけはこちらを見ている。その時私は思った。きっとこれはサファイアが私を試しているんだと。この微妙な距離間でもおやつを貰えるかな〜(サファイアの甘い思い)いいや、そうはなるものか。『ここまで持って来いッ』と私の冷酷な再命令ッが下るのにそんなに時間は要らなかった。

ボール取りの感覚が戻ったところで、ボールはポケットにおさめ、おもむろに内ポケットから布フリスビーを取り出す。彼女の目つきが変わった。前足を地面に踏ん張りお尻を上げて、早く投げてと盛んにサインを送ってくる。

物の本によると、フリスビーがキャッチできるようになるには色々と段階があるようだ。まずは、円盤を縦に転がしボール取りの要領でちゃんと持って帰ることだ。次に、お座りをさせ、ちょっと離れた距離で走ってこさせ自然な高さでそのまま円盤を咥えさせる。その後は徐々に私が走りながら円盤を移動させあるいは高さを持たせてキャッチさせる。

でももっと大切なのは、投げ手である私が素直な投球をしなくてはいけないことだ。カーブやシュートは初級フリスビードッグにとっては難易度の高いストロークである。よくは分からないが真っ直ぐなふわ〜っと落下するような円盤が咥えやすいのではないかと推測される。

なかなか文章が纏まらないが、ようやく通常の散歩が出来るようになったので今朝の出来事を書いてみた。 投げるときの手首のスナップが・・・ ←まだ言ってるよ(ーー;)

2005年4月 8日

春爛漫

2005040803

『春の訪れ』をようやく確信できたこの頃、周りの木々を見渡せば桜の花も咲き乱れ、いつしか花見のシーズンになっていた。いつもの散歩道は花見客でごった返し、美味しそうな弁当や焼肉の匂いでいっぱいだ。私でさえついつい脇目を振ってしまいそうな中を、サファイアは以外にもこころ乱されることもなく黙々と前に進んで行った。

続きを読む "春爛漫"