2012年5月14日

ネットワールド

2012051101.jpg

photo by アプロさん

 

ネットの世界に飛び込んで早や13年近くが経つ。

 

当時のネット環境と言えば、パソコンの性能は今と比べれば遥かに劣り、

通信回線もアナログが一般的。しかも従量課金制だったから、

うっかり回線をつないだまま外出して青くなったこともしばしばあった。

 

アナログ故に写真一枚アップするのにも走査線がゆっくりと数行ずつしか走らず

相当な時間がかかっていた。

 

まだまだ使い物にはならない妄想ばかりが膨らむインターネットの世界であった。

 

そもそもインターネットという代物が何やら胡散臭く見られていた時代でもあった。

 

 

 

 

2012051104.jpg

掲示板(BBS)サイトが方々に立ちあがったのもこの頃から。

当時のネット仲間達とはBBSで多くの情報交換をしていたものだ。

 

オフ会というものが話題になったのもその頃のこと。

 

初めて出会う当時のネット仲間達とは初対面にも拘らず、

どのようにすれば多くの人々にサイトを見て貰えるのか

自然と課題に入り込み話し合いをしたものだ。

 

 

  

2012051102.jpg

その後にWeb Log(ブログ)が台頭するようになり 

今ではMIXIやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が

爆発的に広まってきている。

 

暫く出向いていないパソコンショップでは、

使う用途も分からない何やら見知らぬ機器を目にするようにもなった。

 

アナログ世界は十年ひと昔、

デジタルワールドは一年ひと昔、いや1ヶ月か!?

 

 

 

2012051105.jpg

今日ネットを取り巻く環境は飛躍的な進歩を遂げ今後の発展予測は

計り知れないものがある。

ネットが世界を動かす強力な原動力になることは間違いないであろう。

 

然しながらネットを作るのも "人"、 使うのも "人" 、

決して何もかもがオートマチックになっていく訳ではない。

ややもするとプログラミングばかりに気を取られ

 "人" を忘れてしまったサイトもない訳ではない。

 

やはりモニターの向こうの "人" の息遣いを感じつつネットと向かい合っていたいものだ。

 

 

当時からの友人( ダンスブティック☆RIS ) が新たなサイト (アトリエange) を立ち上げ、

サファイアをモデルとしてご指名頂いた。そして暫くして素敵な絵画が届いた。

絵に対する造詣は決して深くない私なので、どの様に表現すればよいのか

皆目見当もつかないが、写実的な写真とは異なり、

ディスクを咥えて走るサファイアの表情が芸術的に描かれ、

素晴らしい印象的な作品に仕上げて頂いた。

ありがとうございました。 

 

 

 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kei-j.com/mt/mt-tb.cgi/529

コメント

なんとも満足げなサファイア嬢ですね!(^^)

ネットであっても画面の向こう側にいる相手の息遣いをおろそかにした交流は今でも行っていないつもりの♪~です。

現在は、グローバルなネット社会でありながら、
ちまちましたコミュニティの村文化が人気のようにも感じます。

結局ネットであれなんであれ、意識の反映でしかない、というのは明白ですが。

これからもポチポチではありますが、よろしくお願いします♪


そう言えば中学生の頃は確か”グループノート”という
雑記帳があってそれに皆が書き込んでいたような記憶が・・・

結局は手法が変わっただけで、昔から似たようなことを
皆続けているのかも知れませんね(^^ゞ

そう、ボチボチで(^_-)
こちらこそよろしくお願いします(^^)v

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。